ニュース

2010年8月12日 (木)

あれから25年

520名というあまりにも多くの犠牲者を出してしまった日航ジャンボ機墜落事故発生から、25年を迎えた。

あの日から、25年・・・

御巣鷹の尾根での慰霊登山が、ニュース放映された。

坂本九さん・・・心よりご冥福を、お祈り致します

あの優しい笑顔、鮮明に浮かびます

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年4月21日 (水)

親として

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

千葉県で、14階建てマンションの12階に住む4歳の男児が転落死したというニュースが飛び込んできた

お母さんは、買い物に出かけていて留守で、そのマンションの部屋には、幼い男児が1人でいたという

なんて辛い、胸の苦しくなるニュースなの・・・

愛する息子が転落した姿を発見した時の母親の気持ち・・・気が変になりそうですよ

絶対、子供だけ残して買い物に出かけたらダメです。

ましてや、マンション、ましてや4歳児・・・

自分のまわりにも、3歳男児がいますけど、本当にじっとしていませんし、危なっかしい事ばかりです。 片時も目を離せません

車の移動中に、幼児がお昼寝しちゃって、、起こすのも可哀想だからって、車の中に寝かせたまま、買い物やパチンコに行ってしまう・・・・・お母さん・・・・・

用事を済ませて車に戻ると、灼熱のその車の中で、幼児が熱射病で亡くなってしまっていたというニュースもテレビでやるし・・・

幼児虐待のニュース等・・・

このような幼い子供のニュースは、辛く悲しく、特に遣る瀬無く、胸が締め付けられる思いになります

親になるって事は、どういう事なのか・・・

子供を育てる事ってどういうことなのか・・・

母性本能や、親としての責任感が薄れてきたのか・・・子供への愛情の変化なのか・・・

神話が崩れてしまったのかなぁ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月21日 (水)

ご冥福をお祈りします

女優の南田洋子さんが、亡くなられてしまいました。          本日、10月21日・・・

17日、くも膜下出血で倒れ病院搬送され、緊急手術を受けた矢先に・・

この訃報に、胸が苦しくなり、悲しみが込み上げて涙がとめどなく流れてきてしまいました。術後の様子を会見する長門裕之さんの姿を目にしてからというもの、ご主人の辛く苦しい思いが痛いほど分かり、思いが重なり、この胸が張り裂けてしまいそうでした。

『自力で呼吸ができず、人工呼吸器を付けていて、どうしてやることもできない・・・。俺の一番大事なものを失ってしまった!。これから、生きていけない!。どうやって生きていけばいいんだ!。』『必ず、意識が戻り、良くなる!と信じていた。』『むなしい事は分かっているけど、病床で、ずっと、彼女の名前を呼び続けた』『洋子は、俺の心の中で、いつまでも生き続けている』

長門さんは、奥様を本当に深く愛していたのですね。             奥様が、すべてなんです。

絶対に、目を開けてくれる!・・・ 絶対に、意識が戻る!・・・って・・・

だけど、絶対!!、絶対!!・・・と、切願し、ひたすら祈っても、どうにもならない・・・

この世の中、絶対に!!・・・って言葉は、あり得ないのです。

ひたすら祈り続けた経験者の一人が、ここにもいます。            しかし、やはり、願いは叶いませんでした・・・

長門さんのように、心から愛してる人が、あなたには、いますか?

その愛する人が、帰らぬ人になってしまったらどうしますか?

人生って、出逢いと別離のくりかえしです。いつかは、無情にも愛する者同士をも、引き離します!。                       遺されるのも、生きていくのも、切ないですね。人生って・・・!

南田洋子さんのご冥福を、心よりお祈りいたします!

長門裕之さん、どんなに辛くても、どんなに苦しくても、負けないで!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年10月13日 (火)

何とも、切なく、苦しい・・・

tvで、心痛むニュースを聞いた。

60代の男性が、妻を殺害したという・・・

その妻は、5年前から鬱病で、常日頃『死にたい』・・・が、口癖だったという・・・

5年前に何があったのか・・・  息子が、筋委縮性側索硬化症(ALS)で、人口呼吸器を常時つけていて、看護する母親は、24時間体制で、一時も、目が離せなかった。

息子が、苦しさのあまり、『この呼吸器を、外してほしい・・・』と、看護する母親に哀願した・・・

苦しむ息子を楽にさせてあげたい・・・との、一念で、呼吸器をはずした母親・・・しかし、この行為は殺人である。 

自分が、この母親と同じ立場だったら、どうしただろうか・・・

その頃から、この母親は、鬱病に罹ったということだ・・・

自分の息子の呼吸器を外して、手を殺めた母親である我が妻を、今度は、自分の手で殺めた夫・・・

現代社会、鬱病になりうる要素は、そこかしこにありえる・・・

なんとも、切ない事件で、胸が苦しくなる・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年9月18日 (金)

健康志向って・・・

脂肪が体につきにくい・・という謳い文句で、年間売り上げ何百億円と言う食用油が、今、社会問題化している。

その商品に「グリシドール脂肪酸エステル」が多く含まれ、発ガン性のある「グリシドール」という物質に分解される可能性があるため、出荷を停止し、販売を自粛したというものだ。

「安全性の問題はないが、消費者の不安をできるだけ取り除く」ため、「グリシドール脂肪酸エステル」の含有率を減らし、来年2月をめどに販売を再開する・・・が、会社側の見解だそうだ。

そもそも〇〇〇が発売当時、食用油メーカーでないこの会社の油が、何故こんなに評判になったのか・・・自分としたら、不思議な思えた。えッ。。お宅〇〇〇じゃあないの?って、言葉が行きかう程になった。本当に、不思議だった!

健康志向の油・・を謳った為に、評判になったのだろうと思うが、健康って何ナノかな~!? 

健康・ヘルシーって言葉に、現代人は弱いのかな~?!

何を食べたらいいのか、解らなくなる時があるのは、私だけでしょうか?

本物を見極めるのが、ホント、大変な時代ですね!

| | コメント (2) | トラックバック (1)